難聴について

トップページ > 難聴について

難聴は正しく検査して、必要な部分を補う

難聴とは、聴力が低下してきこえが悪くなった状態のこと。その原因は加齢や生活環境によるものがほとんどです。
難聴の種類は大きく二つに分けられ、いわゆる耳から鼓膜までの外からの音を伝える機能が低下した『伝音難聴』と、鼓膜から内側の部分、音を分析して脳に伝える機能が低下した『感音難聴』があります。また両方に問題のある場合を『混合難聴』といいます。
補聴器は、『伝音難聴』『感音難聴』それぞれ調整の方法が異なります。

加齢とともに起こる老人難聴

加齢に伴って少しずつ聴力が低下してしまうのは否めないことですが、だからといって「聞こえなくてもいい」はずはありません。毎日を楽しく暮らすためには、自分の生活に必要なきこえは補いたいものです。
注意したいことは、一般に聴力はゆっくりゆっくりと低下するため、本人はきこえが悪くなったことに気付きづらいという点です。周りにいる方がテレビの音量など、お気付きの際には、まず聴力測定をはじめとするみみの状態をチェックするようおすすめください。

まずは、気になる症状チェック→ こんな症状ありませんか?

年齢を問わずに起こる騒音性難聴

年齢を問わず、生活環境が下で発生する騒音性難聴には、職業的なもの、例えばブルドーザーの運転手やエンジン技師、ミュージシャン、和太鼓奏者や、今問題となっているヘッドフォン難聴などがあげられます。これは、いつも同じ強い音を聞いているとその音が聞こえづらくなる、という耳本来の防御機能が働くために起こります。
知識を事前に持つことで防げることもあります。特に若い年齢での難聴はこういった騒音が原因の場合が多いので、ご自身で注意していただくことを願います。

トップページへ戻るこのページの先頭へ

  • 補聴器舘について
  • 補聴器の相談から購入まで
  • ミミよりクラブのご案内
  • 特約店システム
  • きこえのセルフチェック
  • 初めて補聴器を検討する方
  • すでに補聴器を使用していてお悩みの方
  • 補聴器について
  • 難聴について
  • 補聴器の「両耳装用」について
  • 補聴器舘イメージソング「こえ」

お問い合わせ・相談のお申し込みお申し込み