すでに補聴器を使用していてお悩みの方

トップページ > すでに補聴器を使用していてお悩みの方

補聴器を使っている方のお悩み

もっとも多い悩みの声は「もっと聞こえると思った」雑音が入る」「ハウリング(ピーピー音)が入る」。

不満の原因の多くは販売店側にあります。きちんと補聴器の特性を伝えることなく、勘違いさせる誇大表現を用いたり、装用後の調整が不十分である―――場合がほとんどです。不満を持ちながら装用し続けている方、買ったはいいけれど使っていないという方も、まず、お持ちの補聴器を持って直営店(おたる本店、旭川店、千歳駅前店、帯広藤丸店)へお越しいただくか、お近くの特約店へご相談ください。

補聴器は定期的なクリーニングが必要です

調整やクリーニングなど、補聴器は使用中のメンテナンスがとても大切であることをご存知ですか? 今お使いになっている補聴器を一度お持ちになってみてください。さらに聞こえるように、プロとしてのプライドと技術で調整いたします。(点検・調整は無料)

定期的な聴力測定も行ってください

少なくとも1年に1度は聴力測定を行いましょう。聴力と補聴器のバランスが合っていないときこえが悪くなってしまいます。よりよいきこえを得るためには、補聴器とご自身の聴力チェックが必要です。

トップページへ戻るこのページの先頭へ

  • 補聴器舘について
  • 補聴器の相談から購入まで
  • ミミよりクラブのご案内
  • 特約店システム
  • きこえのセルフチェック
  • 初めて補聴器を検討する方
  • すでに補聴器を使用していてお悩みの方
  • 補聴器について
  • 難聴について
  • 補聴器の「両耳装用」について
  • 補聴器舘イメージソング「こえ」

お問い合わせ・相談のお申し込みお申し込み