補聴器の『両耳装用』のオススメ

トップページ > 補聴器の『両耳装用』のオススメ

二つの「耳」で聞く。それには大切な理由があります。

もともと人には、耳が二つあります。
左右の耳で聞くことにより、音や声がする方向や距離を知ることができたり、雑音や騒音の中から聞きたいものをうまくひろって聞き分けることができるのです。
聞こえの範囲
人の脳は右脳と左脳の二つに分かれているため、左右の耳から入る情報で円滑に働くと言われています。
両方の耳が同じくらいに聞こえると脳への伝達がクリアになり、より良い聞こえが期待できます。
聞こえの範囲

加齢とともに起こる老人難聴

その1 安全に暮らせます

二つの耳から入った情報で、脳が「音がする方向」を 感知します。例えば車のクラクションの音や呼ばれた 方向がわかり、安全に安心して暮らすことができるのです。

その2 遠くから呼ばれてもわかります

片耳に比べ遠くの音が聞こえるようになります。 また、音のする距離感も聞き分けられるため、 街中で遠くから呼ばれた時などに効果があります。

その3 騒がしい場所でも言葉が聞き取りやすくなります

左右の補聴器がそれぞれの聴力に合った働きをすると、 脳が持つ、騒音や雑音といった不必要な情報を排除しながら、 聞きたい言葉を聞き取る能力が生きてきます。 周りから出るうるさい音やハウリング(ピーピー音)なども 減ります。

その4 両方の耳がイキイキ。脳も活性化します

片耳装用の場合、装用していない耳の聞く力を衰えさせて しまうリスクがあります。両耳装用によって聴力と脳の 活性化が期待できます。

その5 音を聞き分けることができます

片耳だけの場合、さまざまな騒音が全て同じように うるさく聞こえてきます。両耳装用は騒音の種類を 聞き分け、音を聞き取りやすくする効果があります。

その6 聞こえの本来の力を発揮。自然に聞こえます。

両方の耳を使うことで人間が本来持つ「自然な聞こえ」 になります。音や声がはっきり心地よく感じられます。

その7 言葉を聞き取る力が向上します

会話の際、一人ひとりの声がクリアに聞き分けられます。 つまり、言葉が聞き取りやすく会話がスムーズになります。

その8 楽に聞こえるため疲れません

片耳の場合、会議や集会などの雑然とした場所での聞き取りに 集中する場面が多く、緊張感から疲れやストレスが溜まります。 その点、楽に聞こえる両耳装用は疲れません。

その9 大きな音をやわらげます

突然の大きな音でも左右の耳で分散するため不快な思いを感じ させません。

その10 音量を抑えた自然な聞こえになります

両耳装用はそれぞれの耳に音量を分けられるため音量を 極力抑えることができます。周りの騒音を拾わないこと はもちろん、ハウリング(ピーピー音)も抑え、自然な 聞こえが実現します。

トップページへ戻るこのページの先頭へ

  • 補聴器舘について
  • 補聴器の相談から購入まで
  • ミミよりクラブのご案内
  • 特約店システム
  • きこえのセルフチェック
  • 初めて補聴器を検討する方
  • すでに補聴器を使用していてお悩みの方
  • 補聴器について
  • 難聴について
  • 補聴器の「両耳装用」について
  • 補聴器舘イメージソング「こえ」

お問い合わせ・相談のお申し込みお申し込み