きこえのセルフチェック

トップページ > きこえのセルフチェック

高齢者の広がるコミュニケーションの場

 現代は一般に定年と言われる60歳を過ぎても皆さんまだまだ元気に過ごしております。サークル活動、講演会、勉強会をはじめ、一歩踏み出すことでたくさんの可能性が広がり、新たな趣味を得ることも可能です。ヨーロッパやアメリカでは補聴器の普及率は約60%にのぼるのに、日本ではまだ30%も満たしておりません。海外から見ると日本の補聴器へのイメージは消して明るいものではありませんが、知ってもらいたいのは「聞こえると世界が変わる」こと。どんどん広がる高齢者のコミュニケーションの場で、もっとイキイキと楽しく過ごして欲しいと考えております。

上記の項目に一つでもチェックがあれば、まずは聴力検査から始めてみましょう。
気になる症状があったからといって必ずしもすぐに補聴器が必要とは限りません。

トップページへ戻るこのページの先頭へ

  • 補聴器舘について
  • 補聴器の相談から購入まで
  • ミミよりクラブのご案内
  • 特約店システム
  • きこえのセルフチェック
  • 初めて補聴器を検討する方
  • すでに補聴器を使用していてお悩みの方
  • 補聴器について
  • 難聴について
  • 補聴器の「両耳装用」について
  • 補聴器舘イメージソング「こえ」

お問い合わせ・相談のお申し込みお申し込み